Q&A

トイレのトラブル Q&A

Q: 

トイレの水漏れの原因は?

A:

トイレの水漏れの原因は、トイレタンク内部にある給水金具や排水弁といった部品の劣化や腐食によるものが多いと言われています。内部金具が故障すると、タンクに溜まった水が本来止らなければいけない水位を超えてしまったり、トイレタンクに溜まっている水が抜け、便器側に漏水します。

 

 

Q: 

便器に水がチョロチョロと流れる、トイレタンクの中で聞こえる水の音が止まらない

A: 便器に水がチョロチョロと流れたり音が止まらないのは、内部部品の劣化や腐食によって止水不良が生じて水漏れしているためです。
  このような症状を直すには、部品交換が必要になります。
   
Q:  トイレタンクにヒビが入ってしまった
A: トイレのタンクにヒビが入ってしまうと直すことができないため、タンクの交換が必要になります。
 

一般的にはタンクと便器が一対になっているものが多く、トイレのご使用年数によってタンク及び

便器の交換が必要になる場合もあります。

   
Q:  既に取り付けてあるウォシュレット(洗浄便座、シャワートイレ)を取り外して、転居先などに新たに取り付けたいのですが・・・。
 A: 洗浄便座、シャワートイレの取り外し作業・現状復帰も承っております。
   

 

 

 

蛇口のトラブル Q&A

Q: 

蛇口(水栓金具)をちゃんと締めても、水がポタポタと漏れているのですが・・・ 
A:

蛇口(水栓金具)の種類にもよりますが、原因はパッキンや内部部品の劣化ではないかと思われます。

 

メーカーが想定している耐用年数は、一般的に10年と言われているため、10年前後の故障は修理で直る場合もあります。

ただし、部品の供給等の関係により、修理できないものもございます。

ある程度年数をお使いの場合は、蛇口(水栓金具)の交換等をおすすめします。

 

 

Q: 

蛇口のハンドルを回すと、キーキーと音がする

A:

 蛇口の内部部品は、使い続けるうちに磨耗して、かみ合わせが悪くなり、そのうちキーキーと音を鳴らし始めます。蛇口の内部部品は、年数が経っている商品の場合、部品の供給が終了しているものもあります。そのため、必ずしも修理できるとは限りませんのでご了承ください。長い年数使われている蛇口につきましては、蛇口の交換をお勧めいたします。 

 

 

Q: 

シングルレバーの蛇口を使っているのですが、水漏れはすぐに直りますか?

A: シングルレバー水栓の場合、水漏れしている箇所にもよりますがパッキン交換で直らない場合は部品交換となります。
  しかし年数を多く使われている水栓は、部品自体の生産が終了しているケースもあります。部品が取り寄せできない場合は水栓自体の交換になります。